背中ニキビを即効で治せる方法のウソ

背中ニキビの治し方で即効性があるものはありません!

背中ニキビは、他の場所と違って目につきにくいので、気づかないうちにポツポツ出来ていたりします。

いつの間にか増えていたりしますので、一朝一夕で治るものではありません。

 

  • たった1日で劇的に背中ニキビを改善する方法!
  • 3日で治す背中ニキビ
  • 一瞬で背中ニキビを消す方法

とか記事を書いている人がいますがそんな方法はありません!

だってそんな方法があるんならみんなそれで背中ニキビ治ってますよね。

でも実際には背中ニキビ悩んでいる人があなたのようにまだまだいるんですよ。

 

あえて言うなら一瞬で消すならコンシーラーとかで隠すっていう意味合いくらいしかありません。

 

即効での治し方や、即効性のある魔法のような薬はありませんが、少しでも早く治したいですよね。

治し方や肌ケアの情報で迷ってしまって、アレコレ手を出し過ぎて、逆に背中ニキビを悪化させたりしないようにすることが、一番の早道なのかもしれません。

先生

地道はケアが一番の近道クマ。


ニキビケアで大切なのは過剰な皮脂や汚れを取り除くための泡が重要!

泡が大切!

大人の背中ニキビは、皮脂や汚れ(シャンプー類の洗い残し)などで毛穴を詰まらせ、化学的な刺激になってしまうことがキッカケになります。

まずは、余分に分泌している皮脂や汚れは、キチンと取り除くことがニキビ対策の基本なのですね。

 

特に背中ニキビは、シャンプーのときのコンディショナーやトリートメントがシャワーで流しただけでは取り除けていないことが、原因になっていることが多いのです。

コンディテョナーを流した後で、洗浄剤を使って柔らかいボティタオルやボディブラシで、キッチリと肩甲骨の脇まですみずみまで洗ってください。

 

洗浄用のボディソープ類にも、気を使ってみてくださいね。

しっとり重視で必要以上の油分が配合されているタイプは、

肌に油膜となって残ってしまい、背中ニキビの原因になることもありますよ。

 

敏感肌には刺激が強いソープもありますので、注意してくださいね。

おすすめは肌に優しくて、濃密なしっかりした泡ができるようなクレイ系です(泡の洗顔料を背中にも流用するのもアリですね)

 

濃密で細かい泡で背中の洗浄ケアをすれば、こすらずに皮脂を取り除くことができますよ。

細かい泡と泡の隙間に皮脂が吸い込まれるような形で、

優しく背中ニキビの皮脂は吸着されていきますので、

細かい泡がモコモコたくさんできるようにネットで泡立てて泡を乗せるのもいいですね。

 

背中はちょっと乗せにくいかもしれませんが、

例えばクレイ洗顔するときのように、できるだけ泡で背中も洗うことをおすすめします。

ネットで泡を作るボールのようなタイプの背中洗浄ケア用のグッズ類も、便利かもしれませんね。

白ニキビを消すための究極のクレンジング・洗顔教えます

ホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰

 

外部からの汚れや油分残りとは別に、そもそも肌に余分になっている皮脂は、身体の内部から過剰に分泌されているのですね。

過剰な皮脂の原因は、脂っぽい食物や菓子類などに偏った食生活や睡眠不足やストレスなどですが、それらの些細な問題からホルモンバランスが乱れていることも原因なのです。

生理前にニキビが悪化するとか、顎やフェイスライン、背中にニキビができやすい人などは、ホルモンのトラブルが大きく関係しているかもしれません。

 

特に女性は、毎月の生理周期や妊娠出産、更年期など、体調や肌もホルモンに大きく左右されてしまいますね。

ホルモンは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」でバランスをとっています。

 

「エストロゲン」

女性的な身体をつくるホルモン、肌の潤い・ハリやシワを予防する美肌ホルモンとも呼ばれています

 

「プロゲステロン」

皮脂の分泌を促し、体毛などに関係しており、男性ホルモンと呼ばれることもある

男女ともにエストロゲンとプロゲストロゲンがあり、両方のバランスをとっているのですが、このバランスが崩れてくるとさまざまな不調が発生します。

 

皮脂が過剰に分泌されるのは、エストロゲンよりプロゲストロゲンの分泌が優位になってしまったためです。

 

結果的にニキビになりやすくなっていますし、肌の保湿バランスも崩れて、

肌バリアが崩れることにもなり、ターンオーバーもスムーズにできなくなってしまうという悪循環なのです。

ホルモンバランスの不調により、自律神経の乱れや生理不順、PMSや不定愁訴など、さまざまな女性特有の不調なども起きていたりもするかもしれませんね。

 

ホルモンバランスを正常化して、根本的なニキビケアをするというのも、かなり有効な治し方になるのです。

 

ホルモン治療という選択肢は最終手段

insulin-113200_640

大人ニキビ対策、ケアのしづらい背中ニキビが、

いろいろやっても良くならないというときは、ホルモン治療という選択肢もあるでしょう。

 

しかしホルモン治療は効果も大きい反面副作用もでることが大きいので本当の最終手段として残しておくべきだと思います。

 

黄体ホルモン「プロゲステロン」が増えてしまったり、卵胞ホルモン「エストロゲン」が減ってしまったりして、

ホルモンバランスが崩れると皮脂分泌が増えるケースが多いのです。

 

肌に過剰に分泌される皮脂を適切に取り除ければ良いのですが、

手が届きにくく、肌ケアが難しい背中などに大量に皮脂が分泌され続けると、

ニキビ改善も難しいですよね。

 

根本的に、皮脂が過剰分泌されることを抑制して、適切な肌分泌にしたいものです。

ギトギト脂っぽい食事を避けたり、カロリー過多や添加物の多いスナック菓子やコンビニ弁当、甘いものを控えたり、野菜をしっかりとるとか、ビタミン不足に注意したりという食生活の改善で、身体の中から整えることも大切でしょう。

 

食物繊維をたくさん摂取する、便秘を改善すること、腸内環境を整えることなどで、デトックスを意識してみてください。

睡眠不足はダメですし、規則正しい生活を心がけることも、身体の乱れを整えるには必要ですよね。

 

いろいろ試してみても、なかなか背中ニキビが改善しないような場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性も高いでしょう。

ニキビを念頭においたホルモン治療とは、更年期障害の女性へのホルモン補充療法とは違い、低用量ピルの服用になります。

婦人科で避妊目的や月経痛やPMS(月経前症候群)の辛い症状を改善するために処方して貰ったら、肌荒れやニキビも良くなったというのは、よく聞く話ですよね。

皮膚科で低用量ピルを、ニキビの治療用として処方するケースもありますよ。

 

身体の中からの背中ニキビの治し方として、ホルモン治療という選択肢もあるのです。

女性ホルモンであるエストロゲンの代用として「イソフラボン(大豆イソフラボン)」を摂取する手もありますので、大豆製品や豆乳などを積極的に食べるのもおすすめします。

 

先生

じゃあ続いて背中ニキビに効果のある化粧品を見てみるクマ。

 

→ 背中にニキビ跡を消すのに効果的な化粧品は?