妊娠中の痛いあごニキビからあなたを救う!ママのための安心ケア方法

妊娠中のあごニキビはホルモンバランスの乱れが原因です!

妊娠

妊娠したらあごニキビがふきだした!という人も意外と多いもの。

中には今までニキビなんてほとんど出来たこともないのに…というひとも多いのでは?

 

妊娠中だってキレイでいたいママのあごニキビの原因はなんなのでしょうか?

妊娠というおめでたいこととは裏腹にあごニキビという憂鬱なものがやってきたらせっかくの素敵な気分が台無しですよね。

 

実はそのあごニキビ、ホルモンバランスの乱れからきています!

 

妊娠をすると体の中のホルモンバランスが大きく変わります。

ではどのように変わるのかをもう少し詳しく見ていきましょう。
 
妊娠中も使える安心・安全なスキンケアセットを送料無料の1000円で試してみる!

 

妊娠をすると赤ちゃんのベッドである胎盤を作るために黄体ホルモンが大量に分泌されます。

このホルモンは生理前に優位になるホルモンと同じで肌の水分量を低下させ、皮脂の分泌量を増やすホルモンです。

 

特に大人ニキビの原因であるあごからこめかみにかけてのUゾーンの水分減少に大きく関わります。

ですので生理前になると肌が乾燥してあごや口周り、こめかみ付近にニキビができる…という人も多いのではないでしょうか?

 

この毎月繰り返される憂鬱なニキビを引き起こすホルモンが分泌されるんですね。

しばらくして胎盤が完成すると今度は胎盤から黄体ホルモンが分泌されます。

 

黄体ホルモンの影響で皮脂が過剰になりニキビがあわられたり、精神的に不安定になったりとするのもある意味仕方がないことなんです。

黄体ホルモンは妊娠を継続できるようにする働きもありますし、

子宮内膜の厚みを出すなどの作用もあるので下手に妊娠中はホルモンバランスをコントロールしようとしないほうが安全ですね。

 

『じゃあ妊娠中はずっとニキビだらけの顔でいろっていうの?!』

 

と怒るのはまだはやいです。

 

妊娠中気にしなければならないのはまずは赤ちゃんのこと。

これは間違いないですよね。

 

次にケアをするにしても薬などは副作用がないとは言われてもやっぱりどこか不安なものですよね。

もし万が一赤ちゃんになんかあったらと考えるとそのリスクを減らしたいのはわかります。

私の家も子供が一人と、今おなかの中に赤ちゃんがいますので超食べものとか、クスリには気をつけるようにしています。

頭痛薬ですら飲むか飲まないか悩みますからね笑

 

では妊娠中にできることはなんなのでしょうか?

一緒に考えていきましょう。

 

妊娠時の肌は妊娠前とは別ものと考える

p-bsCRI_IMG_6021

多くの人があまり気にしないというか考えてる余裕がないというか妊娠すると肌質が変わります。

今まではあんまり乾燥しなかったのに乾燥しがちになったり、

混合肌くらいだったのがオイリーな脂性肌に傾いたりと両極端な感じに傾きます。

 

肌質が変わっていくので当然今まで使っていた化粧品なども、

*なんだか化粧のノリが悪くなった気がする

*口周りや目元がカサつく

*ニキビがいつまでたっても治らない、悪化する

などの症状が顕著にあわられてきます。

 

これは繰り返しになりますが妊娠中は黄体ホルモンが優位な状態がずーっと続きますのである意味ホルモンバランスが崩れているんです。

なのでホルモンバランスの変化にあわせて肌質も変わってきているからなんです。

肌質が変わってきているので化粧ノリが悪くなったのもある意味当たり前なんですよね。

それにつわりなどの影響もあって食事があまり摂取できなかったり、摂取しても栄養素の多くは赤ちゃんに優先的に送られるので脂肪は足りていても、各種栄養素という、観点からするとどうしても栄養不足気味になります。

今、
『くそー、むしろ脂肪を(ry』
とか思いませんでした?

残念ながら脂肪はしっかり、残りますので産後頑張りましょう笑

栄養が不足すると当然肌を作り変えるためのエネルギーが不足しますし、ターンオーバーも乱れがちになります。

妊娠中のストレスなどもありますし、些細なことでイライラしたりします。

ストレスがかかると脳が『これはいけない!』と、副腎皮質ホルモンであるステロイドホルモンを分泌します。

 

その刺激であわせて男性ホルモンも分泌されます。

ステロイドホルモンも、男性ホルモンも皮脂腺を刺激して皮脂を分泌されますし、

男性ホルモンは肌の過角化も進行させるので肌の柔軟性が失われるんです。

 

柔軟性を失った毛穴に皮脂がたっぷりつまるとニキビに…というのはもう説明するまでもありませんよね。

あーなんかもう嫌になってきたし…

となったあなたにいよいよ、妊娠中のケアをご紹介します!

妊娠中のママのニキビケアは清潔、保湿、睡眠の三本柱で!

abd390f14ad9196170367cf873c40dfd_s

大切なことなのでもう一度いいますが、妊娠中特に妊娠初期は赤ちゃんの体を形成する大切な時期。

そんな時に下手に薬とか飲んで万が一のことを考えたら怖いですよね。

『副作用が出る人はほとんどいません』

とはいってもやはりほとんどなんですよね。

 

あなたがそのほとんどの側にはいるかどうかなんて誰も保証してくれません。

お医者さんにしても『あなたは特別な体質で…』くらいしか言えないですよ。

 

だったらクスリ以外でケアするのが私は無難だと思っています。

 

気にしすぎという方もいるかもしれませんが、何かがあった際にあなたは後悔しないと断言できますか?

断言できるのであれば別に私の記事など読まずともお医者さんに行ってクスリを処方してもらうのが確実ですよ。

でも少しでも不安がある人は最後まで記事を読んで安全にケアできる方法からはじめてみてはいかがでしょうか?

・・・

・・

妊娠中のニキビケアは『清潔』、『保湿』、『睡眠』の3つが大切になります。

先ほど軽く触れましたが妊娠中の肌は乾燥肌か脂性肌のどちらかに傾くことが多いです。

皮脂も乾燥肌もニキビの大敵。

 

ニキビケアといえば食生活や生活習慣の見直し、ストレス解消、睡眠不足の解消いろいろあります。

でも、正直ママも忙しくて色々できないんですよね。

 

妊婦健診行ったり、いろんな申請も必要だし、安静にしてろ、ご飯はちゃんととれってなかなか生活のリズムを変えるのは大変なものです。

まさか妊婦がジョギングとかダイエットとかできないですもんね、お医者さんに『…バカなの?』って怒られちゃいますよ笑

 

そこでお勧めしたいのはニキビケアの基本の洗顔と保湿をしっかりとすること。

 

当たり前のことを当たり前にできている人って結構少ないんですよ。

これをやるだけでも、かなり違います。

 

効果がでないというならそれはやり方が間違っていますよ!

 

洗顔は皮脂汚れだけではなく毛穴のお掃除と考えて!

クレンジングはしっかりやるけど洗顔はささっと終わらせてしまっていませんか?

 

洗顔はクレンジングで残った汚れを落とすためにやっているし軽めでも大丈夫でしょと思っているなら大きな勘違いです。

女子でも勘違い野郎!と言わざるをえないですね。

 

また朝は水だけ洗顔など流行っていましたが寝ている間も皮脂は分泌されています。

特に年齢を重ねてくると肌のターンオーバーも遅くなり、保湿成分なども減少してきます。

 

少しでも肌に潤いやビタミンCなどの栄養素を届けたければ皮脂をしっかりと落としておかないと肌バリアでブロックされてしまうんです。

 

洗顔は確かに皮脂を落とすためにやりますがニキビ予防に必要な皮脂落としは『毛穴の』皮脂をしっかりと落とすことです。

しっかり泡立てないとただでさえ市販の洗顔フォームは粒子が大きいので毛穴までしっかり入っていきません。

またホルモンバランスの崩れた肌は非常に刺激に弱いもの。

 

指の触れる刺激でさえニキビ肌にとっては刺激になりますから注意が必要です。

洗顔フォームを選ぶときは一番いいのは石鹸です。

余分な皮脂を含まずしっかりと皮脂を洗い流してくれます。

デメリットとしては泡立ちが悪いこと。

 

泡立ちを少しでもよくするには洗顔ネットなどでしっかりと泡立てるようにすることが大切です。

もっと効果が高いものはないの!というあなたにはクレイ(泥)の洗顔フォームをお勧めします。

 

クレイは非常に粒子が細かく、汚れを吸着する性質があるので石鹸で洗うよりも皮脂落ちがよく、毛穴の汚れもしっかりとかき出してくれます。

一週間も使用すればあなたの肌がワントーン明るくなっているのを体感できるはずです!

 

また逆に避けたほうが良いのは泡で出てくるタイプの洗顔や、一本でクレンジングも洗顔もできるタイプの洗顔フォーム

簡単♫楽チン♫なのはわかりますが泡タイプは泡立ちを良くするために液体より多い界面活性剤が配合されています。

 

一本でどちらもできるということはそれだけ肌への刺激も強いということです。

簡単をとって肌トラブルに巻き込まれるか…、

それとも少し時間はかかるけど健やかな肌を目指すかの選択だったら後者ですよね♪

 

あとはすすぎ残しをしない、しっかりあごまで洗うことです。

あごって、洗えてるようで洗えてなくてしかも泡が残りがちです。

あごをキレイにしっかりと洗えているのは女性の20%もいないと思います。

 

肌に残った泡は界面活性剤なので刺激物となり肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因となりますのでしっかりと、洗い流しましょう。

 

しっかり汚れを落としたあとは保湿も!水分ではなくセラミドを補おう!

肌が乾燥してるから化粧水をたっぷり♪なんて保湿はまさかやってないですよね?

粉を吹くくらい乾燥しているのであればもほや化粧水だけではあなたの肌は改善していきません。

肌のうるおいはなにで保たれているか知っていますか?

 

一昔前は化粧水をたっぷりつけて、乳液でふたをするのが当たり前のようにスキンケアとしてされていました。

しかしそれは一昔前です。

 

肌のうるおいは角質層のセラミドで保たれているんです。

 

セラミドが水分をサンドイッチのように挟み込んでいるので肌は乾燥せずうるおっていられるんですね。

なので挟み込むセラミドが十分になければいくら化粧水をたっぷりつけたところですぐ乾燥します。

 

セラミドが足りているかどうかは夜保湿をして、朝起きた時の肌の状態で判断可能です。

朝になって肌が乾燥していたり、べたついている場合には肌が乾燥している可能性が高いです。

 

でも、べたついてるのに?と思いますよね。

 

肌の表面上は乾燥しているように見えなくても肌の奥が乾燥しているインナードライの可能性があります。

この状態は気付くのがおくれ、脂性肌だからと過剰な皮脂ケアをすることでさらに肌が乾燥していくという負のスパイラルに陥るひとが多いという事実があります。

肌が乾燥するとターンオーバーが遅れさらに肌の乾燥を招くとともに肌を刺激から守ろうとして角質が厚くなる角質肥厚がおきます。

 

厚く、硬くなった毛穴周りの角質は柔軟性を失っているので皮脂や老廃物をスムーズに排出できないんですよね。

なのでニキビになるというわけです。

 

実は妊娠中のママのケアってシンプルでいいんです。

 

ただし、しっかりと正しい知識でやることが大切なんですね。

 

お財布に優しいオススメのスキンケア用品は?

p-pixta_9575838_M

妊娠中は色々検査だったり、出生後の準備などで忙しくお金もかかるもの。

検診に関しては妊婦健診のチケットがあるものの、交通費だったりストレス発散のお茶代だったり夫にはわからない苦労がありますよね笑

 

だからこそ、洗顔などもできるだけ安くと思いがちですがしっかり選んでくださいね。

 

大切なのは、

 

 

  • 肌への刺激が少ないもの
  • 毛穴の汚れをしっかりと落とせるもの
  • たっぷりの泡で洗えること

 

 

 

の3つのポイントが大事です。

 

できればあとは安ければ文句ないですよね笑

でも繰り返しになりますがママになるあなたはとにかく時間がないわけです。

なので私がママ代表として選んだスキンケア用品をご紹介しますね。

 

FUJIFILMの独自技術はハンパない!ルナメアACで自慢したくなる肌へ

WS000000

肌のもつ油分をうまく利用し有効成分やうるおい成分を毛穴の奥にまで届けるアクネシューターという独自技術を開発。ニキビケア用品は殺菌成分が多いものが多く肌が弱っている状態では肌荒れの原因いなることも。ルナメアACは極限まで殺菌成分は低減させ刺激少なくしっかりと汚れを落としてくれるルナメアAC。その秘密はファイバースクラブ。毛穴よりも小さいファイバーが肌を傷つけることなく優しくそしてしっかりと汚れを落とし自慢したくなる素肌へとあなたを変化させてくれます。
妊娠中も綺麗でいたいママのためのスキンケアセットできました。

 

こんな人におすすめです

  • 肌にあうかどうかを試してから購入したい人
  • 自分の素肌に自信が持てていない人
  • 色々試してみたけど肌にあうケア用品が見つけられなかった人

 

ルナメアAC公式HP
https://shop-healthcare.fujifilm.jp

誰かと会うのが楽しくなる肌になれる然(しかり)よかせっけん

yoka

然(しかり)よかせっけんは汚れを吸い付ける力が強くミネラルが豊富は南九州産のシリカパウダーを使用しています。

毛穴よりも小さい粒子なので毛穴の奥にしっかりと入り込み汚れを吸着してきてくれます。また肌に吸い付くんじゃないの?!というくらいもちもちとしてキメ細かい吸着泡で肌への刺激を極限まで減らした優しい洗い心地です。

白ニキビの原因にもなる古い角質層も吸着してくれるのでニキビケアにもニキビ予防にもうってつけのせっけんです。

誰かと会うのが待ち遠しくなるようなキレイな肌にしてくれる石鹸です。
妊娠中でも安心して使える無添加石けんで毛穴の奥から綺麗になろう

 

こんな人におすすめです

  • 肌が弱くてすぐに肌荒れしてしまう人
  • 毛穴の汚れが目立つ人
  • 赤いニキビ跡を本気で治したい人

 

然よかせっけん公式HP

https://www.chojyu.com

洗顔料Q&A

オーガニック洗顔は肌にいいの?
オーガニック製品に関する制限は特になく少しでもオーガニック成分が配合されていればオーガニック化粧品と宣言することができます。また天然成分は構造が複雑でアレルギー体質の人は避けたほうが良いでしょう。
無添加石鹸ならなんでもいい?
無添加だからといって肌に優しいとは限りません。最終的な製品は無添加といっても実は原材料が既に添加物がはいっているものがほとんどです。しかし原材料に含まれる添加物は公表しなくてもよいきまりになっているため実際には無添加といっても完全に無添加なものはほとんどありません。無添加という表示におどらされるのではなくトライアルセットなど試して実際に自分の肌にあっているかどうかを試してみることが大切です。

 

→ 洗顔後、肌のおくまで浸透化粧水でキレイな素肌を取り戻す

痛い!恥ずかしい!あなたの汚いあごニキビの原因と対策は

あごニキビは治りにくいって本当?

大人ニキビのうち治りにくい&再発しやすいニキビNo1があごニキビです。

 

 

 

治ったと思ったらまたできてるし、それを鏡で毎日見なければいけないのがまたストレスになってしまって・・・なんなんですか!って思わず切れそうになりませんか?

ニキビはTゾーンに出来やすいイメージですが実は大人ニキビの場合Uゾーンにできるもののほうが多いんです。

 

特にあごニキビは出来やすい&悪化しやすい&再発しやすいという三重苦のニキビとも言われており、

実際に『どうしたらニキビなおるん・・・?』と途方にくれている人も多いのでは・・・いや多いんです!

 

実はあごは汗はあまりかかないんですが皮脂腺の分布が多い箇所で、

皮脂が詰まりやすい上に乾燥しやすいといった特徴があります。

 

あまり普段汗をかかないからちょっとした皮脂過剰でも毛穴が詰まってしまうんですね。

また手で触ったり、スマホをあてたり、特に女子であればボブとかでも髪の毛があごに触れるので雑菌が入りやすいんです。

特にスマホは雑菌の温床だって言われていてトイレより汚いって言われているくらいですからね。。。

 

なのであごニキビは一度できてしまうと治りにくくて、再発しやすいニキビのひとつなんです。

 

あごニキビの3大原因

あごニキビの原因は直接的には皮脂過剰によるものです。

 

皮脂過剰を起こす原因は大きくわけて3つあります。

 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 間違ったスキンケアやスキンケア不足
  • 手や髪の毛、髭剃りなどによる外部刺激

 

かんな

意外と原因はシンプルなのね。でもそれぞれどういうことかもっと詳しく教えて!

原因その1.ホルモンバランスの影響

女性は性周期でホルモンバランスが変化します。特に月1回生理があるためどうしてもホルモンバランスを一定に保つことは難しいんですね。

ホルモンバランスにあわせて肌の調子も変化するので同じ化粧品を使っていても化粧ノリがいいとか悪いとかがでてきます。

 

生理前になると黄体ホルモンが卵胞ホルモンより優位になります。

黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にする働きがありますので皮脂が通常時期よりも増えます。

その一方で肌の水分量を低下させる働きもあるので乾燥しがちになります。

 

肌の水分量が減少すると肌バリアやターンオーバーにも悪影響を及ぼしターンオーバーが乱れることで肌の保湿成分であるセラミドやNMFが十分に生成されなくなります。

もっと詳しく見てみる :ターンオーバーが乱れると肌に起こる恐ろしいトラブルとは

 

黄体ホルモンは心身の不調も引き起こして気分が憂鬱になったり、イライライなどの月経前症候群(PMS)の症状がストレスになりニキビになることもある。

男性の場合はもともと男性ホルモンの影響で皮脂分泌が多くなります。

 

特にひげが生えるあたりのはカミソリなどで肌が傷つきやすいことや皮脂腺の分布が多いことから皮脂汚れが溜まりやすくなっています。

男女に共通して見られるホルモンバランスの乱れはストレスや、睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化が現れています。

 

ストレスを感じると副腎皮質ホルモンであるステロイドホルモンが分泌され、さらに男性ホルモン(アンドロゲン)も分泌される。

この2つのホルモンは皮脂分泌が活発になるのでニキビができやすい状況になります。

 

ストレスを感じると体が緊張状態になり血流が悪化します。

体の血流が悪くなったときは血流を促すための高ストレスホルモンが分泌されますが、そのホルモンが皮脂腺を刺激し皮脂の過剰分泌が起きます。

 

血流の悪化は全身に栄養を運ぶ流れが滞ることを意味します。

肌の再生にはしっかりと栄養が必要になるので栄養が不足すれば肌の再生にも影響があることはわかりますよね。

 

原因その2.間違ったスキンケアやスキンケア不足

顔のスキンケアはしっかりしていてもあごやフェイスラインまでしっかりスキンケアが行き届いている人は以外と少ないです。

実際に顔を洗う動作をやってみてください。

 

あごのあたりはすすぎも不足するので洗顔料があごのあたりに残っていたり、保湿化粧品がフェイスラインまでしっかりぬれていない場合があります。

洗顔料は合成界面活性剤が配合されているので肌に残ってしまうと汚れを落とすのではなく肌にとってはダメージになります。

また男性の場合、髭剃りが肌にダメージを与えます。ひげ剃り後に十分に保湿を行わなかったり、洗顔でもしっかりと皮脂汚れを落とせなかったりしてニキビが悪化することがあります。

 

カミソリの刃を強く当てる、毛穴と逆方向に刃をあてる、同じところに何度も刃をあてるなどの行為が肌の角質を剥がしてしまい結果、肌バリアの低下させてしまいます。

肌を守る角質がはがれてしまうと肌は刺激に弱くなり雑菌などの攻撃からも影響を受けやすくなるので注意が必要です。

 

あごニキビに関しては洗顔だけ気をつける人というのも以外に多いです。

しかし洗顔と保湿はどちらも欠かすことのできないケアなのであごニキビが悪化してしまう、何度も繰り返しできるという人はどちらかが欠けている可能性が高いことを覚えておいてください。

保湿がしっかりできておらず乾燥すると皮脂過剰になり、ニキビの発生や悪化にもつながるので保湿は忘れずにおこないましょう。

 

保湿をしっかりしないと肌の内部が乾燥するインナードライ状態になり、脂性肌の人も実はインナードライによって乾燥していたなんて事例も結構多いんですよ。

紫外線対策についてもほほやおでこまではしっかり日焼け止めを塗ったとしてもあごまでは塗らなくないですか?

 

帽子を被ったとしてもあごまでは隠せないので、ニキビ跡にならないよう意識してケアしていくことが必要になってきます。

 

原因その3.手や髪の毛、髭剃りなどあごは外部刺激にさらされている

あごは無意識のうちに触れてしまったり髪の毛がかかってしまったりとする部分

頬付けをついたりバイキンだらけのスマホが通話の時に触れるのもあごの部分ですよね。

 

肌はこういった刺激に触れると肌を守ろうとする防衛反応で角質層が厚くなる過角化というものを起こします。

角質層が厚くなるとただでさえ未熟な毛穴がさらに皮脂や老廃物を排出しづらくなり、ニキビの原因へとつながります。

 

枕カバーやタオルなど寝ている間もあごは雑菌が繁殖しやすい環境です。

皮脂が多く分泌されているところに雑菌が触れることで繁殖しやすくなりニキビへと発展していくので、

寝具なども清潔に保つことが大切です。

 

あご・フェイスラインの正しいニキビの治し方

あごやフェイスラインのニキビも悪化してぐじゅぐじゅしているような場合には自宅でのケアではなく、

医療機関などでまずは処置をしてもらうことが大切です。

 

クレーターニキビ跡になってしまった場合、その治療までには数十万から100万円以上かかる場合もあります。

『いま、時間がないから・・・』とか『ニキビくらいで・・・』と思っている人はクレーターになっても後悔しませんか?

 

あの時病院にいっておけばというくらいなら今、頑張っていきましょう。

 

大人ニキビの場合、思春期ニキビ用の薬を使うと肌のおくまで浸透しすぎてしまい、

逆に肌を乾燥させてしまうことになりニキビ悪化の原因にもなることがあるので注意が必要です。

 

あごはターンオーバーが遅いためニキビが治りづらく、また先ほどご紹介したように、

悪化しやすく、繰り返し発生しやすい箇所でもあるので早めに治しきってしまうのがポイントです。

 

そんなあごニキビを治すには、

 

  • スキンケア
  • 日常生活
  • 食生活

 

の3つの側面からのアプローチが重要です。

それでは1つずつみていってみましょう!

 

あごニキビを撃退するスキンケアのポイント

あごニキビのケアはクレンジングや洗顔をしっかりと行い、洗顔後に保湿をすることが基本の動作になります。

これを怠ってニキビを改善はありえません。

 

しかし実際にはこれすら出来ていない人があまりにも多い。

なのに「ニキビが治りません」とか言うんです。

 

そりゃ治りません、まずは基本をしっかりとですよ!

 

まず皮脂をしっかりと洗顔で取り除く必要があります。

これは白ニキビでも、赤ニキビでも代わりはありません。

 

正しい洗顔でしっかりとまずは汚れを落とします。

もっと詳しく見てみる :白ニキビを消すための究極のクレンジング・洗顔のやり方教えます

 

たっぷりの泡で撫でるようにしっかりと汚れを落とすことがポイントです。

 

男性の場合のスキンケア

男性の場合、やはり髭剃りが肌に与える影響が大きいため注意が必要です。

 

温かいタオルを肌にあてひげを柔らかくしてからシェービングフォームをつけて毛穴の方向にひげをそります。

このひと手間で肌の滑りが良くなり肌への負担や刺激を減らすことができます。

 

ひげを脱毛してしまうのも有効で、ひげをそらずにすめば肌への刺激与えずにすみ毛穴の過角化が起きず毛穴がつまりにくくなります。

 

女性のスキンケア

いつも使っている化粧品なのに時期によって肌に刺激を感じたり、肌荒れを起こすことがあります。

これはホルモンバランスの変化に応じて、肌のコンディションも変化するためで肌の状態にあわせてスキンケアを変えるのがよいでしょう。

 

日常生活はニキビ改善の第一歩!できることからはじめよう

日常生活を見直すことはニキビを根本から治すことができる可能性が高く、おすすめです。

ただし仕事や家庭の事情ですべてを取り入れることは難しいと思っています。

 

ですのでストレスにならない程度にまずはできることから取り組んでみるのがいいでしょう。

 

自律神経とニキビの関係

人間の体は自律神経にコントロールされていて、体を活発に動かすのは交感神経、

リラックスしている時などは副交感神経が優位な状態にあります。

 

交感神経が高ぶっている場合には、緊張状態を和らげようと抗ストレスホルモンが分泌され、

この抗ストレスホルモンが男性ホルモンの分泌も活発化します。

 

男性ホルモンが優位になると通常のホルモン状態が崩れるため皮脂過剰の状態を引き起こします。

 

では副交感神経を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか?

副交感神経を高める方法は

ニキビを改善し、心身ともに健康な状態を保つためには副交感神経の働きを高める必要があります。

副交感神経を高めるにはウォーキングや入浴などが簡単に取り込めますし、

末梢血管が拡張し血行促進にも繋がるのでおすすめです。

 

入浴の場合には熱すぎるお湯につかると肌への負担となりますので、

40度程度のお湯に15分程度の入浴時間を目安に行うとよいでしょう。

 

肌を作る栄養はあなたの口にしたものから作られる

当たり前ですが、肌を作る栄養素はあなたが摂取したものの一部です。

ですので肌をしっかりと作ってくれる栄養素を摂取することは大切です。

 

ニキビケアにおすすめの食材は

ニキビケアにおすすめの食材は皮脂を抑えるためのビタミンB群がまずあげられます。

 

脂質の代謝を促すビタミンB2や新陳代謝を促進するビタミンB6は必須ビタミンです。

ビタミンB2はレバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類に多く含まれます。

またビタミンB6は牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵に含まれます。

 

避けるべき食材は、動物性脂肪や、糖分、唐辛子などの刺激物や高GI食品があげられます。

これらの食費は皮脂腺を刺激する働きがあるので皮脂が過剰分泌してしまうので避けたほうがよいでしょう。

 

最後に女性ホルモンを整えるという意味で、大豆に多く含まれるイソフラボンがあります。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので副交感神経を高めてくれる働きがあります。

 

ナッツ類に含まれるビタミンEをも女性ホルモンの分泌を整えてくれる作用があるためおすすめです。

もっと詳しく見てみる :ニキビ肌を劇的に改善させる5つの栄養素あなただけに教えます

痛い!恥ずかしい!あなたの汚いあごニキビの原因と対策はのまとめ

あごニキビは特に女性に多く発生します。

その理由は毎月の生理により肌の水分量が変化することが原因です。

 

しかし、

  • 肌を清潔に保つ
  • 肌の保湿を十分にする

 

ということが正しく行えていれば予防は可能です。

生理でニキビになってしまうのであれば世の中の女性は毎月あごにニキビを抱えていなければなりませんからね。

 

あごがキレイな女性に憧れる・・・という気持ちはわかります。

しかし今あなたがスべきことは憧れることではなく洗顔と保湿を正しくやることです。

 

明日からはじめようではなく、

今日から何か始める行動力があなたのあごをキレイにしてくれますよ。

 

自信のある自分を取り戻す行動をしていきましょう!

 

先生

諦めない気持ちがなにより大事じゃ。頑張っていこう。

 

もっと詳しく見てみる :ニキビ肌を改善する究極の洗顔法教えます

もっと詳しく見てみる :ニキビケアは洗顔後の保湿がカギ!正しい保湿してますか?